会社設立|株式会社の設立は大阪のアクティブ行政書士法人

   
大阪府行政書士会 法人番号 第401801号
会社設立, 人材派遣業, 建設業, 風俗営業, 産業廃棄物処理業, 許可, 申請
   大阪本社:大阪市中央区内平野町2-3-1
   東京支社:東京都世田谷区松原5-30-1
HOME 法人設立 許可申請 ご依頼方法 会社概要 サイトマップ
資料請求
お客様の声
会社設立の3つのプラン

会社設立トップ

@会社設立を完全代行
A会社設立を役割分担で
B電子定款の認証代行
会社法について
株式会社の機関設計
会社法 Q&A
株式会社以外の法人設立
定款の変更

商号の変更

本店を移転する

目的の変更

役員の変更
支店を新たに設置する
有限会社を株式会社へ
取締役会を廃止する
監査役を廃止する
確認会社の解散事由抹消
資本を増資する
許可申請
ご依頼方法
資料請求
お問合わせ
会社概要
会社概要
アクセスマップ
お役立ちリンク
プライバシーポリシー
サイトマップ
〒540-0037
大阪市中央区内平野町2丁目3番1号 スタジオ64-602号
TEL:06-6941-5133
FAX:06-6941-5134
E-mail:jacv@jacv.com
会社設立の完全代行
 

株式会社設立完全代行プラン          会社設立無料相談・お申し込みはコチラ

※登記申請は提携の司法書士業務となります。

会社設立も許認可申請のプロにお任せ下さい。
会社設立準備から設立完了まで、心をこめてお手伝いします。

会社を設立するということは、経営者様の成功へのスタートです。


アクティブ行政書士法人が、(成功)のはじめをサポートいたします。
はじめての方もご安心下さい。経験豊富なスタッフが、

心をこめて会社設立お手伝いいたします。

又、会社設立後の各種手続きや、営業許可の申請等も承っております。
初回相談は、無料ですので、お気軽にご相談ください。
会社設立, 人材派遣業, 建設業, 風俗営業, 産業廃棄物処理業, 許可, 申請   会社設立, 人材派遣業, 建設業, 風俗営業, 産業廃棄物処理業, 許可, 申請
会社設立を完全代行

◆会社設立についてよくある質問


  1. どのくらいの費用がかかる?(費用)

  2. 何日かかる?(申し込みから登記申請までの期間)


  3. どうすればいい?(手続きの流れ)
     
  そこで、お客様の不安を取り除くため、この3つの疑問を詳しくご説明いたします。  
     
 
Q1 どのくらいの費用がかかる?(費用)
 
 
ずばり、 金30万円(税込)です。(完全代行プラン)
会社設立無料相談・お申し込みはコチラ
 

会社設立に関してはその他に費用のご請求はいたしません。

設立するために必要な、定款認証の費用(公証人役場)と登録免許税(収入印紙代)も 上記の30万円に含まれております。
但し、株式会社の登記には、会社の代表印を法務局に届け出る必要がありますので、その作成費用、又、株主になられる方や取締役になられる方の印鑑証明書が必要となる場合があり、別途その費用はご負担していただきます。
  【お客様で、ご用意いただくもの 】
  □株主や取締役の印鑑証明書 1通(200〜400円程度)
□会社の代表印(法務局への届出印) 会社印鑑3点・4点セット(1〜4万円程度)
  ※ 弊社では、会社印鑑3点セット(柘)金12,600円でご提供しております。
  ⇒詳しくはご相談下さい
  【費用の支払いの方法】
 

会社設立に関しましては、着手してから登記申請までに日数がかからない為、  


基本的には、費用の全額を着手の時点でお預かりいたしております。  
しかし、ご要望があれば、別途、協議させていただきます。
 
  ご本人で設立する場合 弊社へご依頼いただく場合
 手続き費用 設立にかかる労力・時間 95,500円
 定款認証料 92、000円 52,000円
 登録免許税 150,000円 150,000円
 謄本代等 2,500円 2,500円
合  計 244,500円 300,000円
  実質 55,500円の差
  ※ 弊社では、

【会社設立節約プラン】

もご用意しております。
 
     
 

Q2

何日かかる?(申し込みから登記申請までの期間)

 
 

最短で2日で登記申請まですることもできます。

  ポイントは、3つ!
 設立会社の内容の決定
 作成書類への捺印
 資本金の払込
 

上記内容がスムーズに行えると、最短2日で申請も可能ですが、 通常はお申し込み・ご入金から、3日〜7日程度での登記申請となります。

 
   会社設立無料相談・お申し込みはコチラ  
 

Q3

どうすればいい?(手続きの流れ)
 
 
会社設立の手続きを進めるにあたり、お客様にしていただく事は、
下記の4つです。
  【1】会社の内容を決めていただきます。
   (弊社スタッフより法的なアドバイスをいたします。)
【2】印鑑証明書をとりよせていただきます。
【3】書類に押印していただきます。(株主・取締役・監査役の皆様。)
【4】株主様(発起人)の個人銀行口座へ資本金を振込入金して頂きます。
   (当該通帳のコピーが必要となります。)
  その他は、弊社スタッフが登記完了まで責任をもっていたします。
 
 
会社設立無料相談・お申し込みはコチラ
 
会社設立の手続きの流れ
アクティブが提供する

≪会社設立完全代行プラン≫

の手続きの流れは下記のとおりです。
   
会社設立無料相談・お申し込み・ご入金 (お客様)
 
  お申し込みフォーム・メール・お電話等からのご相談・お申し込み。     
無料相談を実施しておりますので、お気軽にご相談ください。
   
チェックリストにご記入・ご返信 (お客様・弊社スタッフ)
 
  設立する会社の機関設計や定款の内容を決定する作業です。     
弊社所定のチェックリストへご記入くださり、弊社までご返信ください。     
追って、弊社スタッフよりご確認及びご質問させていただきます。     
もちろん、法的なアドバイスもさせていただきます。

会社設立には大事な作業となります。

じっくり打ち合わせいたしましょう。     
また、簡単な内容をお知らせいただくだけで、一切をお任せいただいても大丈夫です。
   
書類作成 (弊社スタッフ)
 
 

会社の内容が決まり次第、会社設立に必要な書類を全て作成させていただきます。

   
書類に押印 (株主(発起人)・取締役・監査役)
 
 

会社設立に必要な書類に捺印していただきます。

    
弊社スタッフがお伺いさせていただくか、郵送でのやりとりとなります。
   
定款の認証 (弊社スタッフ)
 
 

さあ、ここから、会社設立に必要な各種機関への手続きに入っていきます。

    
まずは、公証人役場での設立会社原始定款の認証手続きです。     
作成定款(会社独自の法律のようなもの)は、公証人の認証を経て初めて効力が発生します。

公証人の認証の無い原始定款を登記申請書に添付しても、登記は完了しませんし、出資金の払込も無効となります。

    
通常、一般的な定款認証(紙ベース)では、公証役場への手数料の他、4万円の収入印紙が必要となりますが、弊社では、電子認証を利用しているため、4万円の収入印紙が必要ありません。
   
出資金の払い込み (株主(発起人)の皆様)
 
  株主(発起人)は、設立に際し、出資金を払い込む必要があります。     
株主(複数人いる場合はその代表)の個人名義の銀行口座等へ振込送金(又は入金)し、その通帳のコピーを法務局へ提出します。     
平成18年5月1日に会社法が施行される以前は、保管証明書の交付を受ける必要がありました。     
出資金の払い込み(増資も含む)では、手続きがかなり簡素化されました。
   

登記申請

 
 

法務局へ添付書類を添えて、登記の申請を行います。

この時点で完了予定日がわかります。     

法務局や申請時期によって多少違いがありますが、おおよそ7営業後には登記が完了します。

地方によっては、1〜2日で完了するケースもあります。
   
登記完了
 
  完了予定日までに法務局より連絡が無ければ、登記が完了です。     
逆に何か連絡があれば、なんらかの補正があった可能性があります。
   
印鑑カード交付請求及び受領
 
  弊社スタッフが、印鑑カード(会社の印鑑証明書の交付を受けるときに必要)及び登記事項証明書(登記簿謄本)2通、印鑑証明書1通の交付を受けてまいります。
   

会社設立手続きの完了

 
 

弊社スタッフより、会社設立関係書類、印鑑カード、登記事項証明書、印鑑証明書をお渡しさせていただき、手続きの完了です。


  【設立後の手続き】
   ●法人開設の報告を税務署・府県税事務所・市役所に行います。  
 ●労働保険・社会保険の加入の手続き  

 ●各種許認可の申請

会社設立無料相談・お申し込みはコチラ
 
↑Page Top
HOME法人設立許可申請ご依頼方法会社概要プライバシーポリシーサイトマップお役立ちリンク
会社設立の完全代行会社設立節約電子定款認証会社法機関設計会社法Q&A定款の変更
             
Active Administrative Scrivener Inc.Copyright(c)アクティブ行政書士法人.All Right Reserved.